アップサイクルで再生する
reADdress
着ることが難しくなってしまったアイテム
染める、つくり直すなどの手を加えることで、
新たなファッションとして生まれ変わらせました。
reADdress一覧
新たな価値を与え、
ファッションを循環させる

AnotherADdressは、傷や汚れが理由でレンタルができなくなってしまった服を捨てることはしません。
取り扱う服の寿命を延ばす努力をし、復元ができなくなった服には新たな価値を施すことで、持続可能なファッションの未来を目指します。

AnotherADdressは、様々なジャンルのクリエイターやコンテンツ、企業様とのコラボレーションを通して、新しいファッションを届けます。
「reADdress」は、ファッションとお客様との素晴らしい出会いを生み出し続けるために、服をアップサイクルする取り組みです。
アップサイクルブランド
「reADdress」について

「reADdress」は、「レンタルが難しくなってしまった衣類等を生まれ変わらせることで寿命を延ばし、もう一度楽しんでいただきたい」という意味を込めて名付けました。
商品は、まず下記3つの取り組み宣言のもと、様々なクリエイターやデザイナーとの協業により、新たな価値として黒染めやパッチワーク、再構築を施し、この世に一つしかない商品を創り出していきます。
3つの取り組み宣言
1
JAPAN CRAFTSHIP
日本特有の妥協なきものづくりへのこだわりが生み出す、職人やクリエイターによる手仕事の素晴らしさへのリスペクトを大切にします。
2
TRACEABLE
アップサイクル品の過程と唯一性を大切に、手掛けたデザイナーや誰から誰に渡って作られたか、その透明性を伝えることを大切にします。
3
CIRCULABLE
デザイナーが想いを込めたアイテムの寿命を延ばし、多くの人にその想いをつなぐように「服は使い捨てではない」という信念のもと、仕入れたものを責任を持って循環させます。
染色
-12月1日(金)より提供開始-
100年以上の歴史を誇る株式会社京都紋付との協業により、[深黒染め]を施したアップサイクル商品を実現しました。
お気に入りの一着をずっと大切にするために、「黒染」によるリウェアという選択肢を届けます。
株式会社京都紋付 概要
1915年、初代荒川金之介が染工場として創業。以来、日本の伝統的な正装である黒紋付だけを染め続け、現在は着物の世界のみならず、黒の第一人者として多くのデザイナーやブランドと取り組み、京黒紋付染の伝統を新しい形で継承し続けている。また有害物質の不使用や、衣類の染め替え促進を通し、環境保全にも取り組んでいる。
http://www.kmontsuki.co.jp/
廃材活用
-2024年1月下旬より提供開始-
グループ会社であるパルコは、2023年2月に閉店した津田沼PARCOで役目を終えた館内の設備備品やポスターボード、店頭のロゴデザインなどを、そのまま廃棄するのではなく、技術やデザインの力でアップサイクルし新しい付加価値を生み出すことを試みる、アップサイクルプロジェクトに2023年9月より取り組んでいます。
津田沼PARCOのアップサイクルプロジェクト第3弾となる今回は、アナザーアドレスと共創し、エントランス扉ハンドルバーに新たな価値を施し廃材アートとして生まれ変わりました。2024年春より、8名の作家に仕上げて頂いた16作品の取り扱いを開始いたします。
作家一覧
安野谷昌穂/witness/wimp/Aitone/なかおみちお/NAZE/UC EAST/山崎由紀子 (順不同)
再構築(リメイク)
-2024年2月中旬より提供予定-
コンセプトと親和性のあるデザイナーと共創が実現しました。破れや傷のある服をパネル使いやパッチワーク技法を駆使し新たに生まれ変わらせました。このプロジェクトにはアナザーアドレスに参画するデザイナーを中心に取り組みに共感いただく協力者の方々と共に、今後展開する予定となります。

おすすめのreADdressアイテム

EPOCA UOMO

ウールジャガードジャケット

EPOCA UOMO

ヘリンボンジャケット

KBS

フリースフルジップブルゾン

KBS

【手洗い可】フリースフルレングスパンツ

KBS

【手洗い可】ウールロングポロシャツ

ANREALAGE

パネルパッチワークロングMA-1

EPOCA UOMO

ヘリンボンパンツ

KBS

ウール中綿ライトベスト

SCYE

ウールキッドモヘアサイドラインパンツ

SCYE

ウールキッドモヘアブレンドコート