デイリーに使える!春夏におすすめのシャツ10選【メンズバイヤーセレクト】

トピックメインイメージ
2024.05.16
SHARE
facebookアイコン Xアイコン lineアイコン

オンオフ問わず活躍するシャツ。1枚で着るのはもちろん、ジャケットの中にインしたり、Tシャツの上に羽織ったりと、1枚持っておくだけでさまざまな着こなしができます。

 

そこで今回は、アナザーアドレスでレンタルできるメンズシャツから、バイヤーのおすすめを10点ピックアップ。カラーや柄、素材感で楽しめるような華やかなアイテムを中心にご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!

ユルすぎないパジャマシャツ

キュプラパジャマジャケット(キミー)

最初にご紹介するのは、滑らかな肌触りが特徴のキュプラ素材を使用したキミー(KIMMY)のパジャマシャツジャケット。

 

 “パジャマシャツ”と言うと、着こなしが難しいと思われる方も多いと思いますが、こちらはキュプラの光沢が上品かつ色味がブラックでシックな印象なので、ゆるくなりすぎずトライしやすいはず。ゆったりしたシルエットのパンツや、柄が入ったパンツも好相性です。(バイヤー関口・以下同)

贅沢に刺繍を施したシャツジャケット

エンブロイダリーシャツジャケット(ネズヨウヒンテン)

戦後、文京区根津に舶来品を主に扱う洋品店を継いだという架空の設定を基に、こだわりのアイテムを展開するNEZU YŌHIN TEN(ネズヨウヒンテン)。そんな気鋭ブランドが送る、刺繡を贅沢に施した綿100%のシャツは、コートのサイズ感に近いリラックスフィットなので、羽織として朝晩の寒暖差対策にも重宝します。

 

 異なる種類や色の刺繍糸を組み合わせることで、刺繍に陰影が出て奥行きのある見え方に。全面に施された刺繍によって適度なハリ感がありつつも、生地自体は薄手なので涼しく着用していただけますよ。

清涼感溢れるベルテッドシャツ

ベルテッドロングスリーブシャツ(アタッチメント)

アタッチメント(ATTACHMENT)のシャツブルゾンは、さらりとした清涼感のあるトロピカルウールを使用した軽い着心地。シワにもなりにくいので、デイリーに使いやすいのが魅力です。

 

 ほどよいリラックス感とフロントのベルトが、上品でどこか知的な印象を演出してくれる一着。シンプルなスタイリングに羽織るだけでアクセントを加えられます。前を開けて、アウターとしてさらりと羽織っても素敵です。

写真プリントのシャツを主役に

フェザースムースプリントシャツ(ミーンズワイル)

写真家オーラ・コーレマイネン(Ola Kolehmainen)が撮影した美術学校のバウハウス校舎の写真がプリントされたシャツ。取り外し式ベルトが背裏についていて脱いだ時に背負えるようになっているので、荷物を増やすことなく自由に脱ぎ着できます。

 

 とにかく写真のプリントがインパクト大なので、シンプルなパンツを合わせてシャツを主役にしたコーディネートを楽しんで。ショーツを穿いて爽やかなスタイリングにしてもおしゃれに決まると思いますよ。

オンもオフも使えるベーシックシャツ

シャンブレーシャツ(マッキントッシュ ロンドン)

マッキントッシュ ロンドン(MACKINTOSH LONDON)定番のレギュラーカラーシャツ。さまざまなスタイルにマッチするオーセンティックなアイテムで、オンオフ問わず活躍します。

 

 ブルーと白の糸を使った爽やかなシャンブレー生地のシャツ。少し光沢感があって、きれいめにも使っていただけます。ジャケットの中に着るもよし、チノパンなどに1枚で合わせてシンプルに着るもよしの万能な1枚です。

夏らしいポップなコーデに

音符柄ロングスリーブアロハシャツ(ベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ)

見ているだけで気分が上がるようなベドウィン&ザ・ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)のシャツなら、爽やかでポップなサマーコーデが叶います。

 

 アロハシャツなどによく使われる綿レーヨン素材を使用しているので、肌触りが良く、春夏らしい質感です。遊び心のあるグラフィックを活かして、デニムやワークパンツを合わせてカジュアルに着こなしてみて。

爽やかなチェックシャツ

レーヨンチェックシャツ(チノ)

鮮やかなカラーリングのチェック柄と生地の透け感が爽やかなチノ(CINOH)のシャツ。シャツのきちんと感に程よくカジュアルなラフさが加わり、こなれた印象に。

 

 レーヨン100%の素材にワッシャー加工を施したシャリッとした質感、透け感のある生地、鮮やかな色味と夏らしい要素が満載!これからの暑くなる時期に時期にぴったりの1枚だと思います。

上品さと快適さを両立したシャツ

ケルソーショートスリーブシャツ(セオリー)

セオリー(Theory)の春夏定番素材「ケルソー」を使用したシャツ。品のあるドライな風合いと、適度なハリ感を持ちながらも柔らかさもある軽やかな着心地で、幅広いシーンで活躍します。

 

 アナザーアドレスでも複数取り扱っているケルソー素材のアイテム。こちらのシャツなら、同素材のパンツを合わせてカジュアルセットアップとして着用するのもおすすめ!シワになりにくく扱いやすいので、重宝するはず。

街着としても使えるアロハシャツ

オープンカラーショートスリーブシャツ(ラグ & ボーン)

全体にパイナップルの花柄がプリントされた、ラグ & ボーン(rag & bone)のアロハシャツ。おしゃれで遊び心のある着こなしが叶います。

 

 大胆な柄ですが、少しくすんだグリーンがベースになっていて、クールに着こなせるのがポイント。短パン・サンダル合わせでリゾートで着るのはもちろん、グレーのスラックスやジャケットを合わせて街着として着るのもおすすめです!

ジャガード織りの開襟シャツ

オープンカラーシャツ(ターク)

イッセイミヤケ出身のデザイナー、森川拓野さんが手掛けるターク(TAAAK)の開襟シャツ。ブランドが得意とするジャガード織でニュアンスのある凹凸をあしらった生地が特徴的。夏らしい爽やかなカラーリングも目を引きます。

 

 薄手でさらりとした質感のシャツが多いなかで、こちらは柔らかく少し厚みのあるジャガード織。そんな生地の重厚感に対して、爽やかなパステルカラーが好バランスです。「どこの服?」と聞かれそうな、雰囲気のあるシャツです。